玉垣からの風景「天を突く竹」

玉垣からの風景「天を突く竹」。

初旬には霜が降りたかと思うと、先週は30度を超える日が続いた5月も今日で終わりです。

「玉垣」の竹は「天を突く」ように伸びています。形を整えようかと思っていましたが、切ることはいつでもできるのでしばらくこのまま様子を見ることにしました。

竹は、一日で一メートル前後伸び、約2か月で15~20メートルの高さに成長するようです。その後は全く伸長や肥大することはなく、成長を終えると木のように硬くなります。

竹は空気の清浄化機能や成分による癒し効果、稈や枝・葉が持つ葉緑素が含む防菌効果など多様な植物的特性を持っているそうです。

お弁当のおにぎりが竹の皮で包まれているのを見たことがありますね。

これはただ大きさがちょうど良いというわけではなく、竹の稈や皮、笹の葉に含まれる珪酸や、葉面から発散するテルペンと呼ばれる物質に、抗菌性・抗酸化性にすぐれた成分であるポリフェノールが含まれるため、殺菌作用・防腐作用を発揮するという科学的根拠があるそうです。

現存最古の物語であるといわれている「竹取物語」の主人公は竹から生まれきたかぐや姫です。竹は日本の歴史の中で古くから、聖なる植物として崇められていたのでしょうね。

お正月の門松や、地鎮祭など、お祝い事やよろこび事にも、竹は欠かせない縁起物とされています。

私たちが竹に癒され、神秘な力を見出すのは日本人であるが故なのかもしれません。

竹は「玉垣」にとっても、とても大切で特別な存在だと思っています。

天然石 セレクトショップ ヒーリングストーン専門店 リアファル (Lia Fail)「石は生活必需品!」 Stone&Tea 玉垣