天然石の声が聞こえる?

天然石の声が聞こえる、天然石とお話ができるというのはどういうことでしょうか?

世の中には天使の声が聞こえたり、動物や植物の声が聞こえる方がいます。

いわゆるラジオのチューニングのように、周波数の切り替えをすることで天然石からメッセージを受け取ったり会話することができるというもの。

 

最初、天然石とお話しするという概念を知った頃は想像がつかず、メッセージが流暢な日本語で聞こえるのだと思っていましたが、どうやらわたしの会話方法は違ったようです。

勿論、人それぞれいろいろなコミュニケーション方法がありますが、今回は、実際にわたしが感じている「天然石の声」について書いていきたいと思います。

 

天然石との普段のコミュニケーションなどは目が合うこと、ふと頭によぎることなどでやり取りします。

ファンタスティックな表現をすればテレパシーのような、お互いが持つ記号や電子を使ったやり取り。

それを、肉体の脳みそを使って「翻訳」をかけます。

電子的なやり取りには、肉体ではなく、いわゆる目に見えない体(エネルギーボディ、オーラ体)を使っています。

人間には基本的に7つのチャクラといわれるエネルギーが渦巻くスポットと、それに対応する7つのオーラ体(オーラ層)が存在すると言われています。

気功などで使う「気」のイメージで捉えるとわかりやすいかもしれませんが、この「気」の体で見たり聞いたりする感覚を使っています。

神社仏閣などで「空気が違う」とわかるときは、この感覚を使用していますね。

 

天然石とのコミュニケーション(=第六感)は五感(五感:視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)の延長線上にあるそうです。

見る、聴く、触る、匂いをかぐ、味をみるということ。

これを実際に天然石に対して行ってみるというワークショップに参加したことがあります。

一定時間ずつ、石をひたすら見つめたり、目を閉じて匂いをかいでみたり。

端から見ていたら、とても不思議な光景^^;

でも、その中でやはり天然石とのコミュニケーションとは、お互いの「気」の体(エーテルボディ)を使ってのコミュニケーションだと体感することができました。

 

もともと、天然石のエネルギーはもとより、神社の気も空気の良さも全く理解できなかったわたしでも、数をこなすことで経験値が蓄積されました。まぁ、実際何をしていたかといえば、ただ神社仏閣巡りと歴史探究を楽しんでいただけですが(笑)

あとは、「気」の話ではありませんが、気功や太極拳といった実際に体を動かすこと、「体で覚える」のもオススメです。

アジア人はやはり、マインドの力より気の力を使うことに長けているとされています。

特に現代人は何もしていなくても頭を使うことばかりで、情報過多。

気が頭に集中している状態ですので、その気をハートや足にまで降ろしてくることが、リラックスに欠かせません。

 

リラックスすることで体もゆるみますし、そこで初めて、「あなたの天然石」と向き合うだけで、いつもと一味違うかもしれません^^

リラックスはヒーリングも含めてすべての基本。

「考えずに感じること」を、天然石たちは教えてくれます。

 

写真はリラックス&ゆるませることにオススメの「ウッドジャスパー」ブレスレット^^

 

 

Love,

Yule

 

◆天然石との付き合い方もぜひご覧ください^^