玉垣からの風景 秋明菊

玉垣からの風景 秋明菊

先日の「秋の気配」でご紹介した「薄紫色が可憐な花」の名前が分かりました。

秋明菊(シュウメイギク)です

シュウメイギクは「秋明菊」と書きます。 秋に咲く明るい花という意味でつけられたとされています。

玉垣の庭に咲いている秋明菊は、チャボシュウメイギクという種類らしいです。秋明菊の花言葉は、 「うすれゆく愛情」「淡い思い」「あせていく愛」 儚げな姿からか、切ない愛の花言葉が多いようですね。

秋明菊の向こうには、秋咲きカサブランカが満開です。そして、カサブランカにはまたも小さな訪問者です。秋分の日も過ぎトンボも里に下りてくる季節になりました。

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉の通り、残暑も落ち着き「玉垣」の庭も秋の気候へと変わっていきます。

 

天然石 セレクトショップ ヒーリングストーン専門店 リアファル (Lia Fail)「石は生活必需品!」

種から愛情を込めて育てた「香りの自家製ホワイトセージ」販売準備中 Stone&Tea 玉垣