玉垣からの風景「やまつつじ」

玉垣からの風景「やまつつじ」

五月雨が降り続くここ数日、今日は「夏越しの大祓」。6月も終わり今年も半年が過ぎようとしています。

「玉垣」の庭のもみじの根元にひっそりと咲く「やまつつじ」です。

植えた記憶はありませんので、もみじと一緒にやってきたのでしょう。

五月雨と書いて、さみだれ。サは聖なる、ミダレは水垂れ。旧暦五月は五月雨月(さみだれづき)です。

皐月の異名には、雨が多くて月が見えない夜が多いことから月見ず月、田植えの早苗が風になびき始めることから早苗月(さなえづき)などの名があります。モンスーンアジアの極東に位置する日本は、この聖なる水垂れなくしては、稲や作物の順調な成長はのぞめません。今年は全国的に降り続く大雨に土砂災害警戒情報が続き、各地での河川の増水・氾濫が懸念されています。

季節に準じた順当な雨が、自分の暮らしの根底を支えてくれている、ということをあらためて感じています。

天然石 セレクトショップ ヒーリングストーン専門店 リアファル (Lia Fail)「石は生活必需品!」 Stone&Tea 玉垣