玉垣からの風景 秋明菊(シュウメイギク)とアメジストセージ

玉垣からの風景 秋明菊(シュウメイギク)とアメジストセージ

10月も残すところあと数日。

朝晩の冷え込みが強まり秋物の装いが活躍しています。

「玉垣」の庭では、 秋明菊(シュウメイギク)とアメジストセージが可憐な花を咲かせています。

秋明菊は菊と名乗っていますが、アネモネの仲間で菊とは関係なく、京都の貴船に野生種が多く見られたことから貴船菊(キブネギク)という別名もあるそうです。

花言葉にはちょっと寒しい言葉が並びます。

その由来は半日陰を好んで育つ性質があるため「薄れゆく愛」「あせて行く愛」という寂しい言葉でイメージされているといわれています。

アメジストセージは「Amethyst sage」とつづります。

深く鮮やかな紫色の花が風に揺れるように咲く姿は美しく、本当に「アメジスト」のようで目を奪われます。

花には細かい軟毛が生えているため、少しふわふわとした触り心地がビロードのようだと表現する方もいらっしいます。

 

天然石 セレクトショップ ヒーリングストーン専門店 リアファル (Lia Fail)「石は生活必需品!」

愛情を込めて育てた「香りの自家製ホワイトセージ 」販売中  Stone & Tea 玉垣