玉垣からの風景 「変わらぬ愛」

玉垣からの風景 「 変わらぬ愛」

2シーズン目の初夏を迎えた「玉垣」の庭には、昨年より数を増やした植物が芽を出したり花を咲かせています。

自ら株を増やしたものが芽吹いたのだと思います。

こちらは「紫蘭(シラン)」です。

「紫蘭」の語源は、名前の通り、紫色に咲くことからつけられたそうです。

ただ、紫蘭といってもピンクや白色をした種類も含めてすべて「紫蘭」呼ばれているようで色によってはそれぞれの別名も存在するようです。

「紫蘭(シラン)」は ・楽しい語らい ・あなたを忘れない ・お互い忘れないように ・変わらぬ愛 ・薄れゆく愛 ・美しい愛 ・美しい姿 ・不吉な予感 など、ポジティブとネガティブな両方の花言葉を持っているそうです。

昨晩からは東京アラートが発せられ、新型コロナウイルスとの新たな付き合い方が模索されています。

今を「ポジティブ」にとらえるのか、「ネガティブ」に受け止めるのか。

私はたくさんの花ことばを持つ紫蘭には「変わらぬ愛」が似合うと思います。

長く伸びた竹の枝越しに、月齢10の月が上がってきました。

 

天然石 セレクトショップ ヒーリングストーン専門店 リアファル (Lia Fail)「石は生活必需品!」

種から愛情を込めて育てた「香りの自家製ホワイトセージ」販売中 Stone&Tea 玉垣