玉垣からの風景 ホワイトセージを育てる 青森ひばの蒸留水

玉垣からの風景 ホワイトセージを育てる 青森ひばの蒸留水

前回ご報告した「青森ひばの蒸留水」の効果は上々です。

農薬を使用すれば「アブラムシ」さんには簡単にいなくなってもらえます。

でも、自分の畑で「ほぼ無農薬」を目指しての栽培ですので、僅かなアブラムシさんとは共存です。

それよりも、驚いたのはホワイトセージの生命力の強さです。

これ以上伸びないように頭止めのカットをしたのですが、その脇からどんどん脇芽が伸びています。

2シーズン目にして、この畑や気候に順応したのでしょうか。

今後に期待です。

ひと通り収穫したら、これだけの量になりました。

ちょっとだけアブラムシさんがいますが、青森ひばの蒸留水の効果でしょうか、葉っぱにはほぼ虫くい穴はありません。

こちらの株をカットして、挿し芽で増やす予定です。

昨年の様子は→こちらをご覧ください。

経過は随時ご報告いたします。

 

天然石 セレクトショップ ヒーリングストーン専門店 リアファル (Lia Fail)「石は生活必需品!」

種から愛情を込めて育てた「香りの自家製ホワイトセージ」販売中 Stone&Tea 玉垣