玉垣からの風景 ホワイトセージを育てる 立夏

玉垣からの風景 ホワイトセージを育てる 立夏

5/1の八十八夜が過ぎ、今日は立夏です。

今年の大型連休はあいにくの天気が多く、今日も時折横殴りの強い雨が降っています。

写真は昨日撮影したものです。

ホワイトセージ畑には、かつてお茶の木が植えられていました。今でも畑の周りには沢山のお茶の木が残っていて、新茶の芽吹きが始まっています。

ホワイトセージの冬越しですが、とても厳しい状況です。ここのところ暖冬だったのですが、今冬の冷え込みは厳しく-10℃を超える日が何日も続きました。

寒さに弱いホワイトセージは、霜囲いの甲斐もなく冬越し出来たのはたったの3本になってしまいました。

成長の様子を見ながら、挿し芽で増やせればと思っています。

畑から見える南アルプスには、まだたっぷりの雪が残っています。

 

天然石 セレクトショップ ヒーリングストーン専門店 リアファル (Lia Fail)「石は生活必需品!」

種から愛情を込めて育てた「香りの自家製ホワイトセージ」 「オリジナルキャンドル発売中」 Stone & Tea 玉垣