玉垣からの風景㊺令和の色「菫(すみれ)」「桜」

玉垣からの風景㊺令和の色「菫(すみれ)」「桜」

令和元年が始まりました。

日本流行色協会が、「令和 慶祝カラー」として「梅」「菫(すみれ)」「桜」を選定したと聞きました。

「玉垣」には「菫(すみれ)」はありませんが、プランターには菫(すみれ)色のパンジーがありました。

「令和 慶祝カラー」は、令和が「万葉集」の梅花の歌32首の序文をもとに選ばれたことから、春の訪れを知らせる日本の代表的な花にちなんで選定。「自然の美しさを愛でる穏やかな日々が未来永劫続くように」という願いが込められているそうです。

「桜」も季節としては葉桜です。

見ごろを過ぎた椿の花が、ピンクの小さな絨毯を作っていました。

ひと月ほど前に「玉垣」に生垣として仲間入りした「桜色の八重咲の椿」です。

庭にはイワツツジが咲き始めました。

イロハモミジも小さな花も咲かせて新芽がどんどん伸びています。

今日から始まった新元号「令和」ですが、「色」という少し違った角度から受け止めてみるのも面白いかもしれませんね。

天然石 セレクトショップ ヒーリングストーン専門店 リアファル (Lia Fail)「石は生活必需品!」 Stone&Tea 玉垣