玉垣からの風景㊵芽吹きの季節

玉垣からの風景㊵芽吹きの季節。

二十四節季では今は「清明」にあたります。春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という語を略したものだそうです。万物が若返り、清々しく明るく美しい季節です。

昨秋早々と葉を落としてしまい、心配していた「黒文字」が早々と新芽を吹きだしました。樹皮に黒い斑点がありクロキと呼ばれ、楊枝として使われているそうです。楊枝は宮中の女房詞では「~モジ」をつける風習がありクロモジと呼ばれ、木の名にもなったとされています。

葉と花を同時に展開させながら成長すると聞いています。そんな様子が確認できましたら、またご報告させていただきます。

昨日は重い雪に折れそうになっていた「ソヨゴ」も元気です。

玉垣の御神木「梛木(なぎ)の木」。寒さに弱いとされていましたが、無事に冬越ししてくれました。

これから緑を濃くしていくと思います。

天然石 セレクトショップ ヒーリングストーン専門店 リアファル (Lia Fail)「石は生活必需品!」 Stone&Tea 玉垣