Solar Heart Cross~魂の道

<Solar Heart Cross(ソーラー・ハート・クロス)~魂の道>

・はじめに・

こちらは、オリジナルワークResurrection ~phase:Lughnassadh(レザレクション~フェーズ:ルーナサ)のエナジーから派生した、ハートの覚醒、ハートの拡大のためのエネルギーワーク。

 

このワークを導くのは、ルーナサのエナジーと同じく、太陽または恒星に連なるエネルギー。

魂(ソウルセルフ)と自分自身(パーソナリティ)を繋ぐ、さらに地球の中心へと向かう縦軸ラインと、ハートを中心として横へと広がる関係性の横軸ライン。

縦軸/横軸の活性化と、ハートを大きく開いて新しい展開、チャンス、新たなる価値観の受容をもたらします。

 

特にポイントとなるのは、Solar Heart Crossの名前ともなった、Heartの「受け取る力」

わたしたちは、受け取るだけの器がなければ、それ以上の段階へ進んでいくことができません。

たとえ魂が望む道が目の前に用意されていたとしても、最後に踏み出すのは自分自身。

魂の道を進むのに必要なのは、ハートでそれを受け入れること、受け取るとコミットすること。そこから次のフェーズが始まります。

 

すでに受け取るにふさわしいものを目の前に用意されていても、それを受け入れるだけのハートの力がなければ・・

どれだけ望んだものであっても実際に自分のものとして生かすことができません。

受け取ったつもりでも表面上だけで、心から納得していない、本当にこれを受け取ってよかったのか、許して良かったのか。

Solar Heart Crossのエナジーは、そうした靄(もや)のような感情をクリアにし、ハートでの納得を促します。

 

ネイティブアメリカンたちは天の川のことを「魂の道」と呼ぶそうです。

ルーナサの仮の名前もGalaxy stella  programでしたが、Garaxyとは天の川のこと。

このワークのリリースは、7月だとぼんやりと感じていましたが、ふと「七夕」だ、と感じました。

宇宙的自己へ主導権を戻す、復権を促すルーナサとの繋がりからも納得でした。

 

魂レベルで認識していなくても、ハートを開く、ハートの受容力というのは日々の日常レベルでの変化に直結します。

どうしても昔から受け入れられない何かであったり、パターンにも有効です。


<ワーク・エネルギーの特徴>

ハートの「受け入れる力」「受け取る力」を覚醒・拡大します。

たとえば頭ではこうしたいと考えていたけれど、実際に動いていかない現実や物事に対してもハートの力を高めることにより、新たな展開が生まれると思います。

ハートと地球のハート&オーラ層にもアクセスしますので、地球自身との繋がりを深め、地球に生きる自分自身へのグラウンディングを促します。

今、存在していることへの歓びへとハートを開くサポートとして。


・第一段階・

魂からの縦軸ラインの浄化、ソウルスターチャクラの活性とハート・ハイハートチャクラを中心とした横軸の浄化と活性化が起こります。

さらに地球のハートと繋がるラインを強化し、アーススターチャクラを活性化。

・第二段階・

エルモリア・大天使ラジエルのペアによる、付随する自分自身の各オーラ層のクリアリングと活性化が起こります。

ハートの受容パターンの変容が、チャクラレベルでなくオーラ層レベルで起こります。

・第三段階・

地球のオーラ層からのクリアリングと活性化。

第二段階で起こったハートの受容パターンの変容を地球の愛のエナジーがサポート。

すでに必要のないパターンの解放に、対応する地球自身のオーラ層レベルでサポートが入ります。


<その他>

ワークへ向けて最初に意識をハートへ繋いでくれたのは、「スコレサイト」、「ピンクオーラクォーツ」。

さらに自然と導かれるように豊かさの天然石であるグリーンストーン、宝石でもある「エメラルド」へ辿り着きました。

Lia Failのロゴは太陽十字(ケルティック・クロス/Solar cross/Sun cross)のように結晶したセレナイトがモチーフなのですが、ロゴのメインカラーはエメラルドグリーン。

まさに、Lia Failエナジーの象徴ワークともいえそうです。


<セッションについて>

90分(遠隔またはskype対面)

15,000円 ☆2018.7月末まで、モニター価格5,000円☆

※遠隔の場合、後日レポートをPDF形式でお送りさせていただきます。


<お申し込みについて>

・レベルに応じてエネルギーが働きますので、どなたでも受けていただけます。かなり広範囲にエネルギーが動くと考えられますので、エネルギーワークに慣れた方にオススメです。

・「ご利用にあたって」をご一読いただき、お申込みをお願いいたします。

・「エネルギーワークについて」もご確認ください。

 

Homeエナジーワークトップへ