セラデカブラル産レムリアンシード 「スパイラル・スフィアセット」【希少】【限定】再入荷しました

セラデカブラル産レムリアンシード 「スパイラル・スフィアセット」【希少】【限定】再入荷しました

前回好評でした、希少な「ブラジル・セラデカブラル産レムリアンシード スパイラル・スフィアセット」が再入荷しました。

3セットのみのご案内となります。

向かって左側が「右水晶」、右側が「左水晶」 ビーズサイズは約10ミリ玉です(大きさは概ねです)

ブラジルの初期レムリアンシードのブレスレットはすでにご紹介していますが、こちらは同じく「初期レムリアンシードの小さなスフィア(丸玉)」です。

そもそも穴の開いていない丸玉の、インクルージョン等のほぼ見られない初期レムリアンシードというのは、まず手にすることのできない大変貴重なものです。

そのような貴重なプチ・スフィアを「スパイラルクォーツ(螺旋水晶)」で、右水晶と左水晶のセットとして、再度ご紹介させていただきます。(セット数は3セットの限定とさせていただきます)

↑上2枚は「右水晶」です

小さく綺麗な水晶のプチ・スフィアですので、右水晶か左水晶かがわかるよう、星の砂の入った小さな小瓶入りでご案内させていただきます。

セットで置いていただくことで、場の浄化や活性・安定などにもおすすめですし、気になる方をお守りとして持ち歩いていただくことで、左右のバランスの調整にも良いかもしれません。

天然水晶には「右巻き」と「左巻き」があり、その巻き(螺旋)を一粒一粒鑑別したものがスパイラルクォーツ(螺旋水晶)といわれてます。

右水晶は気を放出し、左水晶は気を吸収するといわれていますが、参考程度に考えていただくのがと良いと思います。

また、他の石と合わせ持つことで、その石のエネルギーを高めるともいわれています。

↑上2枚は「左水晶」です(転がり防止のためミネラルタックで固定しています)

【右水晶・左水晶について】

水晶は結晶する際、螺旋を描いて成長しているため、右巻き(左巻き螺旋)か左巻き(右巻き螺旋)、どちらかの水晶が生まれます。

右巻きの場合は左水晶、左巻きの場合は右水晶といいます(結晶構造とスパイラルの方向は逆となります)。

「Stone&Tea 玉垣」では「実物を手に取って」ご覧・ご購入いただけます。

 

Webには10/12にアップする予定です。ぜひご覧ください。

※写真は太陽光下で撮影しています。画像には加工処理は一切行っていません。

 

天然石 セレクトショップ ヒーリングストーン専門店 リアファル (Lia Fail)「石は生活必需品!」

種から愛情を込めて育てた「香りの自家製ホワイトセージ」販売中 Stone&Tea 玉垣