アルゼンチン産 ピンクアメシスト 撮影しました

アルゼンチン産 ピンクアメシスト 撮影しました。

リアファル(Lia Fail)では日々新しい石たちを迎えていますが、すでにアップした石たちとも話をしています。
今日は、アルゼンチン産の「ピンクアメシスト」が呼んでいました。

「ピンクアメシスト」は撮影が非常に難しく、光の角度によって表情が全く異なります。

「アルゼンチン産ピンクアメシスト」の色合いを、条件を変えて撮影し直してみました。

光が弱いと赤が強く出てしまい、光が強いとオレンジが強めに出てしまいます。

光が当たると結晶が光を反射して煌めくのですが、実際見た時には、ジオード(晶洞)になっていることもあり、結晶の色の深さに焦点が当たり、人の目にはあまり光が入っていないように見えるので、一番近いのは日陰の印象です。

結晶の色合いのイメージに最も近いのは、カザフスタンのストロベリークォーツの原石で、このストロベリークォーツがジオードになったような色合いとなります。

素晴らしいこの魅力を、なかなかお伝えしにくい「アルゼンチン産ピンクアメシスト」です。

ご縁のある方へ。

 

「Stone&Tea 玉垣」では「実物を手に取って」ご覧・ご購入いただけます。

※写真は太陽光下で撮影しています。画像には加工処理は一切行っていません。

 

天然石 セレクトショップ ヒーリングストーン専門店 リアファル (Lia Fail)「石は生活必需品!」 Stone&Tea 玉垣