時代の節目~岐阜県揖斐郡産さざれ石

岐阜県揖斐郡揖斐川町産 さざれ石(up準備中)

 

こんにちは、staff  Yuleです。

写真は、Lia Fail人気の日本の石たちより、岐阜県揖斐川町産の「さざれ石」。

 

高千穂産水晶と一緒にmaster blogでもご紹介させていただいてから早ひと月。

風合いを出すのに写真を撮影し直したりしていたりといった事情もあったのですが、なぜかなかなかご紹介ができずにいました。

 

「平成最後の~」という言葉も何かと話題ですが、どうもこの流れの中でのupという・・さざれ石の気分?があるのかもしれません^^


国歌「君が代」に詠まれるさざれ石は、岐阜県揖斐川町産のもので、岩石としては長い年月をかけて雨水で溶けた石灰石が小石を固めていった、石灰質角礫岩。

 

大きなサイズのものは、伊勢神宮や出雲大社をはじめ各地の神社でも見かけることがあると思いますが、Lia Failでご紹介する予定の手のひらサイズの小さなものは、実はめったにありません。

サイズ的に、ご自宅のお守りにもオススメですし、あくまでも岩石ではありますが、縁起物でもあるそうです^^

 

どうしても君が代や神社をイメージすることが多いのですが、

年月をかけて鍾乳石が小石を固めたようなものですから、シンプルに日本の岩石として、地球の歴史が感じられて素敵です^^


エネルギー的には清涼感があって、大地の優しさを感じます。

どうしてもサイズが小ぶりになってしまう国産クリスタルたちと一緒にお迎えいただくのも良いかもしれません^^

 

国産の石たちは、基本的に慎ましやかというか、どちらかというと静かな石たちが多いのですが、

さざれ石は特に静かで、まるで空気のようにその場に溶け込んでしまいます。

 

いろいろな切り替わりは多々ありますが、元号が変わるというのは時代的にも大きな節目と言えそうです。

さざれ石の程良いサイズは珍しいので、気になる方はぜひご覧いただければと思います^^

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

All Love,

Yule