令和元年 Genesisモニター最終募集 プラスα

こんにちは、staff  Yuleです。

新しい元号、令和の時代が始まりましたね!

Lia Failでは高千穂産水晶祭りとなっておりますので、ぜひご覧いただけましたら幸いです。

あのフェナカイト結晶&ケオン原石もup予定ですが、撮影に良いお天気がなかなか難しく・・少々お時間いただいておりますが、予告はmaster blogをご覧いただければと思います。

その他、エネルギーが強いクリスタルなども入荷しておりますので、連休中も少しずつご紹介させていただきますね^^


さて、本日はやっと・・ご案内できることになりましたArganza Genesis Healingのモニターさんの最終募集について。

そして、石たちが喜ぶ?Lia Failオリジナルエナジーについてもご案内させていただきます。

 

まずは、Arganzaさんからの規定改正により、Genesisセッションのモニター価格の改定を予定しています。

移行期間ということで、本日5/1(水)~5/11(土)までのお申込みに限り、現在ご案内の価格のままで受付させていただきます。以降はモニター価格自体が上がりますのでお願いいたします。

☆この期間にお申し込みいただいた方には、Lia Failオリジナルエナジー「フェアリー・サステナンス・ミスト(仮)」のモニターも兼ねさせていただきます

※石たちに人気がある(?)このエナジーについては、下記にご紹介させていただきますね。

 

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ヒーリングページ内も、もう少しわかりやすく変更中ですが、なかなか工事が進まず・・^^;

セッションのご希望日、時間帯についてはできる限りご希望に応じさせていただきます。

 

とはいえ^^

Genesisのページをご覧いただいても、ほとんど「??」の方ばかりだと思いますし、わたし自身も毎日積み重ねながら、少しずつ理解を進めているところです。

正直なところ、言葉で説明するよりもこちらのblogをご覧いただいている方であれば、

上の一枚目のクリアな水晶と、下の水晶をパッと見て、「何か気になる・・?」と思ってくださったら、ぜひ^^

Genesisは、地球転生時からのカルマやパターンをArganzaさん独自の神話体系を用いることで癒していく・・ご縁のあるソウル(魂)にとっては、ある意味で究極的なヒーリングです。

Lia Failのエナジーワークsideでは、2枚目の写真の水晶(5kg以上あるセラデカブラル産レムリアンシード)がやってきてからやっと何かが形となったよう。綺麗な虹のある、とても優しいエナジーのクリスタルです。

 

Genesisは、肉体や感情を越えて、深いソウル(魂)レベルでの癒しの流れをもたらしてくれると思いますし、それは石たちとの関係にも響いていくのではないかなと思っております。

Yule自身、石たちを通じてエナジーが拓いたり、新しいご縁ができたりしています。

 

オプション水晶ポイントも、Genesisの場合は世界観が特有ですので、そのエネルギー的理解を助ける強力なサポーターとなってくれると思います。

セッション時には、クライアントさんに必要なエナジーを高次が水晶に直接チャージする場合もあって、とても有効的に活用されている様子に、Yule自身も驚くことが多いです。

モニターさんからは、「この水晶は何かが違う。手放せません^^;」「なかったはずのレコードキーパーが出てきました!」といったご感想もいただいています。


オリジナルエナジーの「フェアリー・サステナンス・ミスト(仮)」は、ちょうど今、活性化しているエナジーです。

まさに「ミスト」そのもののエナジーで、自然界にとても良く馴染むというのが、今のところわかっている特徴です。

そしてなぜか、このエナジーを水やりのようにふわーっと撒くと、石たちが歓声をあげて喜んでくれます^^植物にも良いみたいで、とても嬉しそうな様子が伝わってきます。

Genesis的にはおそらく、地球の元素を作ったセラフィムたちに由来するエナジーだろうと感じています。

「サステナンス=滋養」ということで、石たちがいろいろな経緯を経てやってきても、リフレッシュ&本来のピュアな力を取り戻す力の手助けになるのではと思っています。

 

この「フェアリー・サステナンス・ミスト(仮)」エナジーを、セッション時の導きに応じてクライアントさんに、プラス、オプション水晶ポイントに使用させていただきます。

 

・・と、久しぶりのお知らせでした。

石たちのupやエネルギー的ご紹介も頑張ってさせていただきますので、よろしくお願いいたします!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

令和の時代が、皆さまにとって素晴らしいものでありますように。

 

All  Love,

Yule