ムゾー産コロンビアレムリアン~初期グループ

ムゾー産コロンビアレムリアン(up準備中)

 

こんにちは、staff  Yuleです。

相変わらず時間と筆が追い付かず、更新が遅くなっております・・^^;

 

【ささやかな企画】

master blogでもフィールドワークについて更新されておりますが、5月末まで、梱包の一部に「キトラ四神マスキングテープ」を使用させていただきます^^

ご希望の方はお手数ですが、備考欄に「キトラ」と合言葉の記入をお願いいたします。

 

四神といえば方角を守る霊獣で、京都の平安京も四神相応の地として遷都されたことが有名ですね^^


さて、本日はこちらでもご紹介していたムゾー産コロンビアレムリアンについて。

 

古代レムリアの叡智が刻まれたとされる「レムリアンシード」のひとつで、ブラジル・ロシアに続く3つ目のレムリアンとして紹介された「コロンビアレムリアン」。

レムリアンという名前以上に、あまりにも美しい透明度の高い水晶として人気となったクリスタルです。

 

そもそもコロンビアレムリアンは、コロンビアの有名なエメラルド鉱山であるムゾーより産出されたことで一躍有名となりました。

とは言え、最初にムゾー産は少し出回っただけで、今ご紹介しているコロンビアレムリアンは、ほぼコロンビアの別の鉱山から産出されています。

 

ですので、シンプルにお話すると、ムゾー産コロンビアレムリアンは「初期コロンビアレムリアン」と言っても良いと思います。


このムゾー産と今Lia Failでも残りわずかとなった、コロンビアレムリアンたちとの違いですが。。

クォリティや透明度について、Lia Failでは最高品質コロンビアレムリアンたちをご紹介しておりますので、そこまで大きく変わりません。写真でもご覧いただいた通りの透明度と照り、素晴らしいクォリティです。

 

しかしながら、最高品質コロンビアレムリアンたちに出会った時同様、ムゾー産コロンビアレムリアンには・・久しぶりに驚愕しました。

センティエント・プラズマクリスタルの初期のもの、源泉のセンティエントに出会ったような、独特のエネルギーだったのです。

「源泉のコロンビアレムリアン」があるなら、確かにこのムゾー産コロンビアレムリアンたちのエナジーだろうと感じました。


ムゾー産コロンビアレムリアンたちの周波数は、同じコロンビア産であっても、センティエント・プラズマクリスタルに感じる多次元的な光とはまた異なっています。

優しいレムリアの愛のようなブラジル・セラデカブラル産レムリアンシードとも、地球と宇宙の記憶が内包されたようなロシアンレムリアンともまた違った、

スピーディーで通信速度の速い光と・・刻まれた叡智の印象は、まさに「レムリアン」。マスター性を感じられます。

 

今までご紹介させていただいた最高品質コロンビアレムリアンたちは、光と水辺の美しいエナジーで、人に寄り添ってくれるように思います。

ムゾー産コロンビアレムリアンは、源泉の体現として、わたしたちへ向けてのエネルギー調整はあまりしてくれないようで・・一見するとそのマスター性は、厳しさに感じられるかもしれません。


いろいろなレムリアンたちとご縁をいただくことで、やはりそれぞれ持ち主さんのソースに合うレムリアンがあるのではないかな、とも感じるようになりました。

 

高次と一度にたくさんの情報をやり取りしたり、ライトボディの情報整理・更新サポートには、ムゾー産コロンビアレムリアンが良いかもしれません。


そんなムゾー産コロンビアレムリアン、明日から順次ご紹介予定です。

 

上記写真の大きめな一点は、整った「イシス」ファセット&ほぼ「ウィンドウ」。

稀にコロンビアレムリアンには珍しくレコードキーパーが入るものもあります^^

 

マンゴークォーツのエネルギーについても、まとめておきたいと思いますので、しばらくお待ちください^^こちらも不思議なクリスタルです。

 

それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

All  Love,

Yule