ピンクオーラクォーツ~ハートの扉を開く

ピンクオーラクォーツ 斜め上から

ピンクオーラクォーツ0102

 

こんにちは、staff Yuleです。

写真は市場にほとんど出回っていないオーラ水晶、ピンクオーラクォーツ2種類。

 

どちらもアーカンソー産の透明度とクォリティの高い水晶ポイントを使用しており、とても綺麗です。

ここまでハイクオリティなピンクオーラクォーツは、探しても見当たりません。

女性的な魅力や華やかさを高めてくれそうですし、エネルギーは周波数が高く、強めです。

ピンクオーラクォーツでしか成しえない、独特のエネルギーと世界観。光でピンクの影が透けて見える、幻想的な美しさです。ぜひご覧ください。


さて、本日はピンクオーラクォーツにちなんで・・

というよりも、「ハート」の流れが来ているので、ピンクオーラクォーツが活性化しているのでしょうか。

 

7月スタートと同時に、新たなエネルギーワークをリリース予定ですが、そちらのポイントは実は「ハートの力」。

魂(ソウルセルフ)として生きるということは、もちろん、顕在意識の決意や覚悟が必要であると考えてきましたし、

それくらいの気持ちでないと舵を切り替えられないような感覚がありました。

しかし、同時にそれを受け入れるだけの「ハート」の力・・「受け入れる力」または「受け取る力」がなければそれは実現しようがないのだと感じています。

 

もちろん、魂に限らず、何かの希望や願いが実現するにあたって、一番大切なのはそれを「受け取る」と決めること。

どんなに素晴らしい「ギフト(贈り物)」であっても、それを受け取る力がなければ、生かせないのと同じですし、

それを恐れていては願いは現実的に叶いません。

与えられるだけの価値があるから、チャンスもやってくる・・というのも聞いたことがありますね。

 

もちろん、振り返ってみれば「ギフト」だったのだな、と本当に思えるまでに時間のかかるものというのは、たくさんありますが^^;

致し方ないとはいえ、自分が相手に酷いことをしたと感じて、罪悪感ばかりがつのって・・

本当に与えてもらったものの価値に気付き、なおかつ心から感謝するところまで至るのに10年以上かかってしまったと・・最近気づいたこともあります。

 

その価値に感謝できるのも、結局は「ハート」に焦点を置いたからなのでしょう。

ぐるぐる巡る思考・・顕在意識・今の自分のマインドで理解しようとするのではなく、また、感情や愛情などの「情」を含んだ気持ちに重点を置くでもなく。

純粋な「ハート」の力。

 

結局、猫も杓子も「ハート」なのか・・と思いますが、

やはり、ハートの扉を開いていくこと、その先の世界を受け入れること、そのエネルギーの在り方には圧倒されます。

 

「気持ち」ではない、ハート&ハイハートチャクラに響くような純粋な周波数を、ピンクオーラクォーツからも感じています。

 

ずっと、とても大切だと感じてきた「受け入れるための決意と覚悟」というテーマでしたが、

夏至のお祭りLitha(リーザ)を節目にまたエネルギーも切り替わったよう。

今までの魂として生きるための決意と覚悟は、きっと第3チャクラ的な自尊心のテーマであり、顕在意識のがむしゃらな必死さがあるものでした。

今度はそれが、魂からストレートに降りてくるラインも以前より強固となり、第4チャクラのハートチャクラ・ハイハートチャクラ(高次のハートチャクラ)へ移行したのだと感じています。

 

「ハート」に注目したのは2年ぶりくらいでしょうか。

その時初めて、ハートのエネルギーの高まりと同時に、本で知識としては知っていた・・いわゆる「ハートの聖なる空間」、ハートの小部屋が開いたような感覚となりました。

そこから、たくさんの変化と流れが生まれていったのも事実。

 

「ハート」から・・今後、リアファルにも良きたくさんの流れが生まれると感じています^^

 

 

天然石 セレクトショップ ヒーリングストーン専門店 リアファル (Lia Fail)「石は生活必需品!」 Tea&Stone 玉垣