センティエント・プラズマクリスタルとシャンバラ②

「センティエント・プラズマクリスタル」3点と「コロンビアレムリアン」5点の ご紹介-01

センティエント・プラズマクリスタル&最高品質コロンビアレムリアンたち

 

こんにちは、staff  Yuleです。

寒暖の差もありつつ、春の陽気^^花粉も今年は多いそうですが、すごいことになっています^^;

 

写真は先日master blogにてご紹介したセンティエント・プラズマクリスタル3点と、コロンビアレムリアン。光の柱のようです。

Lia Failでご紹介できる最高品質コロンビアレムリアンたちも、残りあとわずかとなっています。

あくまでも地球から生まれた天然のクリスタルたちですから・・もしかしたらもうこのハイクオリティな水晶とは出会えないかもしれませんので、気になる方はぜひご検討ください^^


さて、あとの話題は日記メモのようでもありますが。。

以前のblog記事で、センティエント・プラズマクリスタルとシャンバラのことを綴ったことがあります。

おそらく、個人的にはセンティエント・プラズマクリスタルとの出会いでシャンバラとのラインが強固になったのは(流れから考えて)間違いないのだろうと思いますが・・

これは持ち主さんそれぞれの魂(ソウル)の系譜により、きっといろいろなパターンがあるのだろうなと思っています。

 

そもそもシャンバラとは、海に浮かぶ白い島のように見える高次元世界で、ハイラーキー、マスターたちが住んでいるとされています。(Arganzaさんより)

現在の地球の進化を導くハイラーキーたちはシリウス系とされていて、当然シャンバラ=シリウス系。

エネルギーワークでも、Arganzaさんのレコンセクレーション、レイキ(ウスイレイキ・カルナレイキ・ライタリアンレイキ)、ライタリアン研究所ワーク群など、シャンバラ=シリウス系のエネルギー。

シリウスの白は、今この3次元世界を生きている上で、ほとんどすべての人が慣れ親しんだエネルギーでもあります。

ご縁があって伺う機会の多い奈良県・大神神社はthe Sirius!という感じです。

おおいぬ座のシリウス、詳しくありませんが、オオカミ信仰とかも関係があるのかもしれませんね^^

 

わたしたちを導く教師のような目線のアリス・ベイリー著書などもシリウス系。

ところがこの慈愛ある教師目線、苦手な方と好きな方がはっきりと分かれるのも、シリウス系の特徴のひとつのよう。


霊的に進化し続けるということ。

進化=変化ですので・・正直、浄化と自己探求(何かのせいにせず、自分と向き合うこと)ばかりで、まったく綺麗ごとな話ではありませんし、言ってしまえばニンゲン的に満たされることに価値を置くようなものでもなく^^;

(結果として、肉体的や精神的に何かを取り戻すこと、チャージされることは多々ありますが)

ひたすら生きている間にやることは浄化&浄化&・・エンドレスですし、一般的に何が楽しいの?というものを、どうしても本能的に「これ」なのだとしか言えない世界なのかもしれません。。

「魂(ソウル)」が計画してきたように生きられるように、ということですので^^;

 

またご紹介する機会を作ろうと思いますが、「ソウルマントラ」の一部、

「I am a fixed(perfect) design(わたしは確固たる計画である)」という言葉がとても好きです。

 

クリスタルたちは、その計画に沿うように、高次と連携して日常生活も、思い起こせば住む場所も?、思わぬ角度からサポートしてくれますので、改めてすごいな、と日々感謝です。

 

すごいシャンバラ!と思うクリスタルもありますが、検証できましたらまた綴ってみたいと思います^^

 

只今、レコンセクレーションとアリス・ベイリーの著書の内容を一部引用しつつ・・遠隔の継続ワークも考案中です。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

All  Love,

Yule