シトリン&2012シトリン~歓喜の歌

2012シトリン02

2012シトリン(明日up予定)

 

こんにちは、staff  Yule(ユール)です。

今年も残すところあとわずかとなりましたね。

年末ということでベートーヴェンの第9をBGMに流しておりましたら、第9の好きなクリスタル・シトリンさんを思い出しました^^

そして、第9に呼ばれるかのように、明日は2012シトリン2点、up予定です。

やはり、シトリンと「歓喜」のエネルギーが調和するのでしょう・・^^

第9をかけているとシトリンも嬉しいのか、キラキラと輝きを増して応えてくれるので・・素敵だな、と思うのでした。


シトリンといえば、やはり第3チャクラ。

ハートより上のチャクラに対応する石がうっかり集まっている時、基本に返って大地と繋がるグラウンディングの「アーススターチャクラ」(足の下20cmくらい)~第1.2.3チャクラに対応する石をあえて持つなど、意識してみると良いと思います。

(ジュディ・ホールさんによるとアーススターチャクラに対応する石はスモーキークォーツ、ヘマタイト、トルマリンなどだそうです。)

第3チャクラ&ハートシードチャクラ(ハートと第3チャクラの間)は、日々受け取る情報・感情の整理をする場所であり、この3次元を生きていく「自分」の意志のセンターでもあります。

2012シトリン含め、David Geiger氏のところのシトリンはとても優しいシトリンで、黄色がそもそも苦手な方も違和感なく受け入れられるのではないでしょうか^^

特に何か大きな出来事がなくても、日々をただ過ごすだけでケアが必要になるのが第3チャクラですが(意識しなくても常に何かが起こっているわけですので)、情報の波にさらされ続ける現代は、より一層、第3チャクラのケアが欠かせませんね^^;

ちなみに2012クリスタルの解説はこちらをご覧ください^^


ここからは若干、難しい話題かもしれませんが。。

オーラ層で言えば、第3チャクラと対応するのは第3層のメンタル体です。

肉体の延長であるエーテル体、第2層は感情・情緒のアストラル体、そして第3層が思考のメンタル体・・

メタフィジカル的には、このアストラル的な感情を越えて、メンタル偏向で生きることが求められる時代だそうです。

こうした分野に関心を持つと、最初はまず、今まで無視し続けてきた気持ちや感情を大切にする癒しにフォーカスが来る段階がありますが、神智学をひも解くと「思考・理性」がいかに重要かが説かれています。

 

ちょうど最近やっと!読めるようになってきた本の中でも、大雑把に話せば絶対無限の存在(神)からのエネルギーが思考へと流れていて、何をどのように考えたのか、どう行動したのか、それを客観視し、毎日内省することが何よりも大切だと書かれていました。

本当に、5~6年越しにようやく読めるようになった本なので、少しは内容が頭に入ってきて有難い限りです^^;

シュタイナーの本も、数ページ読み進めると眠ってしまって、文庫本一冊読み終えるのにどれほどかかったか・・(遠い目)。行間から作者の意図を直観的に理解する、本来の読書なんて夢のまた夢ですが(笑)、それでも頑張っていくしかないかな、と思うこの頃です。

Lia Failの姫たちの話題は、なかなか情報がまとまらず、来年になってしまいそうです。。

 

今年の石のupは明日が最後となりました。

皆様には今年一年、本当にお世話になりまして、感謝の気持ちでいっぱいです。

どうぞ良いお年をお迎えくださいね^^

 

All Love,

Yule