ハーキマー&カラーラダイヤモンド ペア【高品質・希少】

  • herkimer-carrara-diamond02
  • herkimer-carrara-diamond02
  • herkimer-carrara-diamond02
  • herkimer-carrara-diamond02
  • herkimer-carrara-diamond02
  • herkimer-carrara-diamond02
  • herkimer-carrara-diamond02
  • herkimer-carrara-diamond02

ハーキマー&カラーラダイヤモンド ペア【高品質・希少】

透明度の高いハーキマーダイヤモンド&希少なイタリア・カラーラ産のカラーラダイヤモンドの美しいペアです。

大きめサイズがハーキマーダイヤモンド、小さいペアがカラーラダイヤモンドとなっています。

特にカラーラダイヤモンドの母岩のない単結晶は、市場でも非常に珍しいレアクリスタルです。


ハーキマーダイヤモンドは、アメリカ ニューヨークのハーキマー地方で産出されるダブルターミネイティッド(両剣)水晶のこと。

水晶とは思えない、まるでダイヤモンドのような照りと煌めきから、その名がつけられたようです。他のどの水晶よりもハーキマーダイヤモンドが強い光沢感を示すのは、成分として微量のタールを含むためとされます。

ハーキマーダイヤモンドは「ドリームクリスタル」とも呼ばれ、鮮やかな夢を見せてくれたり、その形状から希望や才能の「種」とも言われているそうです。

一方、カラーラダイヤモンドは、大理石の産地として有名なイタリアのカラーラ(カッラーラ)で産出される、まるでハーキマーダイヤモンドのような透明度の高い両剣水晶のこと。

とても珍しい産地の水晶ですが、非常にクリアで美しい結晶が特徴です。


こちらのハーキマーダイヤモンドは、ハーキマーとしてはサイズも大きめで素敵。二つの結晶が重なり合う、美しい形状となっています。

また、小さいながらもカラーラダイヤモンドも両剣水晶になっていますので、ペアとしてはもちろん、それぞれがとても魅力的です。

こちらのハーキマーダイヤモンドには、表面に溶けたような凸凹部分があり、その溶けた箇所の一部が黒くなっております。

どちらの水晶にも、母岩から外れた凹み、黒っぽい内包物、天然の欠け等が一部見られますが、透明度が高く綺麗な状態です。


ハーキマーダイヤモンドはすべてのチャクラのクリアリングに有効であるとされており、肉体レベルにもしっかりと自動的な調整をしてもらえます。

ハーキマーダイヤモンドはこの独特の形状から「種」という人もいるそうですが、まさに今回のハーキマーダイヤモンドは、魂の計画、高次へと繋がるための「種」であり、潜在意識に眠る力を発芽させ、花開くよう導いてくれるように思います。

ハーキマーの方には他の水晶が外れた跡である「ゲートウェイ(キー)」が見られて神秘的です。持ち主さんに必要な多次元的な情報への入り口なのかもしれません。

また、カラーラダイヤモンドは、小さいながらも非常にピュアで高い、アルプス産水晶系のエナジーを持っています。

高さはありつつも、精妙で女性的ですので、手に取っていると光のミストを浴びているような感覚になります。

ハーキマーダイヤモンドが保持する、持ち主さんのための才能や情報を開き、実践していくサポートをカラーラダイヤモンドが担ってくれる印象もあります。

純粋に結晶としても大変形状が可愛らしくも美しい、素晴らしいクォリティのハーキマー&カラーラダイヤモンドペアです。


☆ハーキマーダイヤモンド

魂の回復や魂の核部分のヒーリングを促し、ジャーニーや霊的なワークにおいて強力な魂のシールドを作ります。中でも透明性の高い石は強力な同調作用を発揮します。非物質的能力を刺激し、高次元からの導きと結びつき、夢を思い出させます。

過去世の情報にアクセスして、霊的な成長における障害や抵抗を認識させます。魂の目的を全面に引き出し、ライトボディを活性化させます。

ハーキマーダイヤモンドは高バイブレーションの石です。

ジュディ・ホール『クリスタル百科事典』より一部抜粋


◆master blogでも紹介しています。ぜひご覧ください→こちら

◆エネルギー的参考記事:ハーキマーダイヤモンド~持ち主さんとの絆の石

産地ハーキマー:USA ハーキマー州
カラーラ:イタリア トスカーナ州
サイズハーキマー:最大約19mm×25mm×12mm
カラーラ:最大約5mm×7mm×10mm
品名:ハーキマー&カラーラダイヤモンド ペア【高品質・希少】
商品コード:herkimer-carrara-diamond02
在庫状態 : 在庫有り
購入数:
価格: ¥22,000(税込)